スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスモで小田急を楽しむ:箱根編

パスモを使って小田急線沿線の箱根を楽しみましょう。

新宿からパスモで小田急ロマンスカーに乗って箱根湯本まで一直線です。時間にして1時間半弱。

小田急ロマンスカーの車内では季節の味覚弁当やロマンスカー弁当などが販売されています。

時間によっては1日限定30食の港あじ鮨というお弁当もあります。

終点の箱根湯本に着いたら箱根の玄関口を楽しむのもいいでしょう。
ただ、時間があるならもっと先まで行くのがいいかも。

パスモを使えば箱根登山鉄道や箱根登山バスにも乗れちゃいます。
週末は箱根道も混むので、箱根登山鉄道の方が安心です。

箱根にはたくさんの温泉もありますし、芦ノ湖で遊覧船に乗ったりする楽しみもあります。ゴルフ場もあるので温泉に使って一泊二日のゴルフ旅行もいいですね。

往復の道を車で行くと結構疲れますから、パスモを使って小田急で箱根に行けば楽チンです。

箱根では日帰り温泉がとても人気が高く、小田急線終点の箱根湯本近辺から箱根登山鉄道終点の強羅までたくさんの日帰り温泉施設があります。
また、日帰り温泉客が増えたということで、箱根の旅館でも日帰り温泉客を受け入れてくれる宿が増えました。

日帰り温泉もパスモが使えたらいいですよね。

スポンサーサイト

パスモ オートチャージサービスって?

パスモオートチャージサービスって何?
オートチャージサービス機能付きのパスモなら、改札機にタッチするだけで自動的にチャージされます。たとえば、パスモの残額が2,000円以下の場合、改札機で自動的に3,000円がチャージされます。
その分は後日クレジットカードより引き落としになります。
現金を用意したり、券売機の列に並んだり、うっかり金額が足りなくて
恥じをかくようなことはもうありません。

パスモオートチャージサービスを利用するには、オートチャージサービス機能付きのパスと、指定された利用代金支払い用のクレジットカードが必要です。
自動的にチャージされる便利さもありますが、
1日あたり3回(9,000円)、1ヶ月あたり16回(48,000円)を超えての利用ができないこと。
オートチャージの金額設定は、変更できないこと。
オートチャージされた金額(3,000円)のみを払いもどすことはできない。
有効期限がある。などの注意点もあります。
オートチャージした履歴は駅やバスの営業所で印字、表示できるので履歴を残しておくと後で、いつチャージされたかがわかるので支払いのときに役に立つと思います。



パスモ クレジットカードの選び方

パスモのオートチャージ機能を利用しようと思って、クレジットカード契約を結ぶことにしました。色々と探してみた結果、東急沿線に住んでいて、通勤で毎日東急電鉄を利用するのと東急百貨店や東急ハンズなど東急系列のお店で買い物をする機会も多いので、東急カードに決めました。
東急カード(東急ポイントカード)加盟店利用でショッピングマイルと、TOKYUポイントの両方が貯まります。ポイントは1000ポイント=1000円でパスモへチャージすることができます。またTOKYUポイントはJALマイレージへの交換も可能なんです。
年会は費永年無料というところもうれしいですね。
東急系映画館では一般料金は300円引き、大・高校生料金は200円引きでチケットを買うことができます。映画まで割引で観る事ができるんです。TOKYUポイントは家族分のポイントも合算されるので、一家で使うとよりお得になりますね。
利用する鉄道と利用する百貨店などが同系列なら、そこから発行されるカードが一番、ポイントがたまり、活用できるので、そういう選び方がオススメです!






パスモ クレジットカードでポイント交換

パスモのオートチャジ機能を利用するに当たって、必要なものはクレジットカード契約です。
クレジットカードをつくる時に当然、どこの会社のカードを作ろうかと悩む方もいらっしゃるはず。
どこのカードを使うのが良いのでしょうか?ポイントの還元率はほとんど横並びの0.5%ですからそう大差はありませんが、ポイント獲得はパスモ利用時のみではないので、自分の利用パターンにあったカードを選ぶことが大切です。
ますは、通勤・通学などで利用する鉄道会社を選ぶ事が大事です。
西武鉄道なら西武百貨店がありますし、東急電鉄なら東急百貨店やハンズがありますよね。
乗車ポイントのサービス・系列百貨店、スーパーなどの利用・ポイントチャージなどでお得!というのが一番のポイントでしょうか。
また、飛行機会社のマイルと交換できるサービスもあるので、自分にとって一番良いカードを探してみることをオススメします。
まだまだポイント交換できる場所が限られているのが残念です。
個人的には、量販店や航空会社、コンビニなどのポイントと交換できるようになるといいのになぁと思っています。


 

パスモ クレジット付きパスモの特典

パスモのオートチャージサービスを利用するには、オートチャージサービス機能付きパスモと、利用料金を引き落とす提携クレジットカードが必要です。
利用できる提携クレジットカードは、JCB、三井住友カード、UFJニコスが発行する「パスタウンカード」と、パスモに参加する事業者系のクレジットカードのみで、これらのクレジットカード以外はパスモ用として利用できないので要注意です。
オートチャージ機能の付いたパスモの申し込みは、対応するクレジットカードを発行する会社に、パスモとクレジットカードの両方を申し込みます。
オートチャージつきのカードが送られてくるまでには4週間くらいかかるという話ですので、欲しいと思っている方は早めに動いた方がいいかもしれません。
提携するクレジットカードによってポイントの付き方や、商品・施設利用料金などの特典が異なります。
電車に乗ることでポイントが貯まったり、乗車ポイントというサービスがあったり、まちまち。。。
選ぶカードによって、お得度が変わってくるので、調べてみるとおもしろいかもしれませんね。
そうそう、都内の病院でも、パスモで会計ができる病院ができたと聞きました。
これから、色々なカード会社が参入してきて、利用する私たちにとってよりよいサービスが受けられるようになるといいですね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。